卒業生の声


合格者の喜びの声 (平成16年度看護医療入試)

先生と出会ったのは模擬試験のときです。そのときにたくさんのアドバイスをしていただきました。なんだかうれしかったです。夏期講習でお世話になったとき、あの課題の量に本当にびっくりしました。正直やってゆけないと思いました。(汗)でも、勉強のくせが今まで以上につきました!数学の苦手がましになってうれしかったです!大阪府立の推薦を受けることになったのは11月。それまで小論文を全然やっていなくてかなりアセリました。↓↓すごい急な小論文の授業をお願いしましたが、先生は引き受けてくれました。それから、週に何回か個人授業をしていただいたり、小論文の添削をたくさんしていただいたり、本当にたくさんの小論文を解くことができました。先生には本当に感謝しています。啓学館に行っていなければ、大阪府立看護大学に合格できなかったと思います。本気で!!いろいろな模試で、私は大学にいけないという判定だったのに夢のようです。最高です!この思いと、先生に教えていただいたことは忘れません!絶対に!本当にありがとうございました。(I.Fさん /大阪府立大学看護学部看護学科合格 )
進路を看護に決めたのは高2の11月でした。しかし、それからも大して受験対策もせず、部活ばかりして過ごしていました。高3の8月にやっと引退して、体育祭も文化祭も目いっぱい楽しんで、勉強のい本腰を入れたのは9月の終わりころでした。無謀にも大学を目指したりもしましたが、そんな危機感のなかった私が専門の第一志望に無事合格できたのは、たった5ヶ月で私を鍛えてくれた前島先生のおかげです。悩みや相談もとても真剣に聞いていただき、感謝しています。感謝しきれません。ほんまにほんまにありがとうございます!!!春からは看護学生として頑張ります☆最後に、遅刻常習犯でめちゃご迷惑をおかけしました・・・先生、啓学館の皆さんすいませんでした。5ヶ月間楽しかったです。《T.Fさん /兵庫県立厚生専門学院合格》
私は、生まれてはじめて真剣に“勉強”をしました。高校受験もあまり勉強せずに受けたので、この啓学館に通うようになって、受験ってこんなにも大変なものだったんだなぁと思いました。でも、予想していたよりも精神的にはだいぶ楽だった気がします。それは、啓学館に来て先生や皆さんと一緒に勉強したり話しをしたりして楽しいと思うことができたからだと思います。ここに通うようになって、自分で勉強する習慣もついたし、合格通知も手にすることができたし、本当に他の塾や予備校じゃなくて、この啓学館に来てよかったと思います。そして、社会人の方と接する機会というのも今までほとんどなかったので、その機会が増えたのも本当に嬉しかったです。ここまで、本当にお世話になりました。ありがとうございました。これからも目標に向かって頑張ってゆきましょう。《R.E さん /住友病院附属高等看護学院》
夏からお世話になり、最後まで本当にいろいろな面で支えてもらい、大きく成長させていただいた気がします。啓学館に来て、学ぶことの楽しさを覚え、医療への興味も増しました。先生本当にありがとうございました。これからここで学んだことを生かし、色々頑張って行きたいと思います。《M.Iさん /市立小樽病院附属看護専門学校》
小さいころからなりたかった看護師になるために一度は自分で勉強しようと決めていました。しかし、啓学館に模試を受けに来たのがきっかけで通うようになりました。最初は、宿題の量にびっくりして、これから半年間やってゆけるのかなぁと不安になったときもありました。でも、先生や啓学館の仲間と楽しく学ぶことができたので最後までがんばれたのだと思います。社会人の方と接することができたのも自分を成長させたと思います。本当に啓学館に通うことができてよかったです。《M.Oさん /住友病院附属高等看護学院》
夏休みの間だけだったけれど、啓学館には本当にお世話になりました。夏期講習で「勉強する」という習慣がついたと思います。本当にありがとうございます。これからは、ずっっっと夢見てきた看護師になるために精一杯努力してゆきたいと思います。ここに通う前は刀根山なんて夢のまた夢だと思っていたけれど、無事合格することができました。これも先生のおかげだと思います。先生の授業を受けて、わからなかった英語が、頭の中でどんどんつながっていったと思います。《C.Yさん /国立療養所刀根山病院附属看護学校》

合格者の喜びの声 (平成17年度看護医療入試)

先生、今まで勉強を教えてくださりありがとうございました。勉強以外のこともたくさん学びました。それは、将来看護師になってから必要なことばかりでした。人を思いやること、相手の立場になって考え行動すること、いつも明るく元気でいること。そういうことを先生は言葉だけでなく、心で教えてくださいました。これからの看護の勉強も大変だと思いますが、いつも前向きに、プラス思考で頑張りたいと思います。《A.Tさん /大阪済生会野江看護専門学校》
短い間でしたが大変お世話になりました。国語が全然出来なくてとても不安でしたが、一緒に問題に取り組んだり先生の話を聞いてゆくうちに少しずつですが解けるようになりました。入学したら今まで以上に大変になると思いますが、頑張って素敵なナースになります。《E.Fさん /宝塚市立看護専門学校》
理学療法士になりたいと思ったのは中3の時でしたが、受験勉強といえる勉強をしないまま高3になり大変だと気づいたときにはもう高3の夏休みでした。そして夏休みから啓学館に来て一から勉強の手ほどきを受けました。今まで知らなかった医療の知識の話が聞けたり、同じ進路を目指す人たちと一緒に頑張ることで楽しみながら勉強することが出来ました。本当にありがとうございました。《A.Kさん /神戸医療福祉専門学校》

合格者の喜びの声 (平成18年度看護医療入試)

先生と初めて出会ったのは、高等学校の進路ガイダンスでした。そして次に会ったのが、啓学館の教室でした。正直、「小さな教室だなぁ」と思いましたが、この小さな啓学館だからこそ、毎日楽しく勉強が出来ました。なので、これ以上大きくしないでください。−わかりました! これからは自分の夢に向かって進んでゆきます。先生に教えていただいた、多くのことを忘れずに頑張りたいと思います。本当にありがとうございました。《A.Iさん /白鳳女子短期大学 総合人間学科 看護学専攻》
私は夏休みから啓学館に来てお世話になりました。最初はとても不安でしたが、授業はとても楽しく(先生とみんなのツッコミとボケのおかげ)あっという間の日々でした。私の「なんで??」という疑問に対しても、ひとつひとつ丁寧に答えてくれてうれしかったです。今の私があるのも先生のおかげです。学校に入ったら、しっかり勉強して、素敵なナースになります。《N.Nさん /宝塚市立看護専門学校》
私は看護師の学校に行きたくて、高校3年になって焦っていました。その時に、阪急電車から「啓学館」の文字が見えました。すぐに携帯電話にメモりました。高校3年までクラブ活動ばかりやっていて、勉強の習慣がぜんぜんありませんでした。啓学館に来てからは先生に一から教えていただきました。私は住友に受かる見込みは無いと思っていましたが、最後の最後まで諦めないでよかったです。これからも根性で頑張りたいと思います。これまで本当にお世話になりました。《S.Tさん /住友病院付属高等看護学院》

合格者の喜びの声 (平成19年度看護医療入試)

短い期間でしたが面倒を見ていただきありがとうございました。僕の場合は義肢装具士希望でしたが、同じ医療系に進学するという志を持つ人ばかりで、とても心強かったです。また、先生の指導のおかげで、試験には何の不安もなく臨むことが出来ました。男ばかりの工業高校と正反対の環境で最初は少し戸惑いましたが、とても雰囲気がよかったので安心しました。先生や看護師を目指す仲間にとても感謝しています。《A.Tさん /神戸医療福祉専門学校》
先生にはとてもお世話になりました。4月からお世話になって、とても長いようでしたがあっという間に過ぎてしまいました。部活動や学校の授業などでよく遅刻しましたが、啓学館で教えていただいたことが入試にいっぱい出てびっくりしました。また、同じ進路に向かって頑張っている友達もたくさん出来て心強かったです。《A.Sさん /兵庫医療大学看護学部》
8月から約半年間本当にありがとうございました。この半年間はとても辛かったです。今までの人生の中でこんなに必死になって勉強に取り組んだことがなかった。そんな私に勉強の大切さや、自分に自信を持つこと、そして絶対に諦めないという気持ちを持ち続けることの大切さをこの啓学館で学べた気がします。私をここまで育ててくれたのは恩師である先生や同じ夢を持った仲間です。ここに来なければ今の自分はなかったと思う。人との出会いの大切さ、努力すれば必ず花が咲く。そのことを忘れずに日々成長してゆきたい。《Y.Kさん /尼崎医療事業財団看護専門学校》
準備中 →優秀作がいっぱいで載せきれません。啓学館に来ていただければ、過去すべての合格体験記、色紙を自由にご覧いただけます。ご容赦ください。
準備中
準備中
 看護医療系進学専門予備校 啓学館
  〒666-0015
   川西市小花1丁目9-1 あさのビル4F
  TEL 072-756-6393 FAX 072-756-6394
Copyright (c) 2008 keigakukan. All rights reserved.